千切りピーラー

ヨシタ手仕事デザイン室という、
吉田守孝さんがデザインを手がけるブランドの千切りピーラー。

皮むき用のピーラーじゃなく、
野菜を千切りできるピーラーです。

そもそも、キッチン用品はあまり
取り入れるつもりがなかったのですが、

料理器具らしからぬ、
アクセサリーやステーショナリーで
感じられるような美しさがあって。

これは。と思い、入れることに。

見た目ももちろん、使ってみたら、
触り心地、使い心地も良きなピーラーでした。

金属加工といえばの燕。

「ラウンドバー」という素材で
作られている千切りピーラー。

新潟県の燕市で加工されていて、
金属の丸棒を押しつぶして成形された特殊な素材でできています。

エッジが丸くなっていて、金属なのに手に触れた時のあたりがとてーも、優しい。

握った時に変な当たりがないので、フィット感があります。

そして、日本の金物産地といえばの
新潟県燕の品質で、表面も滑らか。

一筆描きのようにぐるっと回したラウンドバーは無駄なく、とても洗練されたデザインとなっています。

デザイナーの吉田守孝さんは柳宗理さんの元で学ばれていたためか、フォルムや収まりのいいデザイン感が柳宗理デザインを彷彿させる面もあったり。

とにかく、デザイン性がとてもいいのです。
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー
千切りピーラー

某TVショッピングみたいな。

実際に、千切りピーラーを使用してみると、簡単に千切りができていく。

特に、大根や人参、ごぼうなんかの根菜がとてもいい感じに千切りされていきます。

刃の感覚が3ミリなので、だいたいそのくらいの細さ。

たくさん大根サラダを作りたい時とか。 キャロットラペや、きんぴらごぼうとか色々なところで時短に一役買ってくれます。

とても簡単なので、撮影しているときに、ちょっとでよかったのにどんどんスライスしてしまうというアクシデントがありましたが・・。
まぁそれほど簡単で、気持ちいいということ。

簡単で、小さな手のひらでも持ちやすいから、お子さんにお手伝いしてもらう、なんてこともできる。

収納するのもスライサーよりも幅を取らないから尚更いいし、 宙に浮かせながらボウルにダイレクトインできるのはとても楽だし、アウトドアとかでもいいと思うのです。

ヨシタのピーラーはリボーンする。

千切りピーラーには1箇所プラスのネジがついています。 つまり、刃の部分が交換できるようになっているんです。

これ、このデザインだからできる技で。
おー、めちゃ頭いいと思ったのは私だけではないはず。

ネジ一本外すだけなので、とても簡単に速やかに、あんぱんまんの顔ごとく新品の刃に交換することができるのです。

包丁みたいに研ぐことができないし、刃の部分は磨耗したりしますから、衛生的にも交換できるのはとてつもなく、いいのです。

なんか、うまく切れなくなったなーと、捨てることがないからエコでもあるし、抜け目のないアイテムです。
 

ご使用前に洗剤で十分に洗い、すすいでご使用ください。 その他、同梱の取扱説明書をよく読み、ご使用ください。

CATAWARA商品ページのカートボタン

(税込)

[ 32 ポイント ]

本体:¥3,240
替刃:¥810

送料は、一律600円です。
お買い上げ商品の合計が10,800円(税込)以上の場合は送料無料となります。

北海道・沖縄は送料一律1000円となります。
一部地域・離島等においては追加料金をいただく場合がございます。

スペック・その他詳細

サイズ:幅5.8cm 長さ12.8cm 高さ0.95cm
素材:ステンレス
原産国:日本(新潟)

 
CATAWARA商品ページのカート部分にジャンプ